ホワイトニングの種類は?

主流な二種類のホワイトニング

歯を白くしてより一層きれいな笑顔を見せられるようになりたいというのは女性に限らず誰もが思うことです。そのための手段として歯科に行って受けることができる治療がホワイトニングです。基本的なアプローチとしては歯の漂白を行うことによってついてしまった色素を落とすというものであり、繰り返し行うことによってもともとあるべき白さに近づけていくことができます。 ホワイトニングの方法として主流なものには二種類あります。一つがオフィスホワイトニングであり、歯医者に通って歯科医師の管理下で行うホワイトニングです。濃い濃度の薬剤やレーザーを用いた効率的な手法を用いるため短時間で高い効果が得られるというメリットがあります。一方、自宅で行える方お方としてホームホワイトニングがあります。歯医者で自分に合ったマウスピースを作った後は自宅で治療を行うことができ、ゆっくりとではありますが歯医者に通わずに歯を白くしていくことができます。




ホワイトニングをより効果的に行う方法

オフィスホワイトニングは短時間の治療で済むことに加えて、一回でもかなり大きな効果を得られることが多々あります。しかし、ゆっくりと薬剤を浸透させるホームホワイトニングに比べるとホワイトニングの効果が長続きしにくいというデメリットがあります。一方、ホームホワイトニングは気軽に行える反面、一回にかかる治療時間も長く、期間も長い間続けなければ効果がはっきりとは見えてこないというデメリットがあります。 こういったデメリットを補い合うために生まれ、人気が高まってきているのがデュアルホワイトニングです。オフィスホワイトニングを実施し、その後からホームホワイトニングを続けていくという方法です。オフィスホワイトニングによって速やかに効果を発揮して歯を白くし、その効果を維持するためにホームホワイトニングを行うというものです。両者の長所の恩恵を受けることができる効果的なホワイトニングとしてスタンダードになってきています。