ホワイトニングって何?

歯の汚れを取り去るホワイトニング

人はものを食べずに生きていくことはできません。毎日色々な食べ物や飲み物に触れている歯はその食べているものに含まれている色素に直接触れることになるため、だんだんとその影響を受けて黄ばみができてきてしまうことが多々あります。コーヒーやお茶、イカスミやカレー等の色の濃いものを普段からよく食べている人はその傾向が強く、歯の白さが失われていることが当たり前に感じてしまっていることすらあるでしょう。また、喫煙によっても歯は着色されていってしまいます。こういった歯の色の変化は見た目の美しさに影響が大きいことから何とかして歯を白くしたいという考えをもつ人が増えてきました。それを実現する方法として開発されたのがホワイトニングです。 食べ物や飲み物、煙草などによる着色は基本的には色のついた物質が歯に吸着してしまっていることによって起きています。そのため、それを薬剤を用いて除去するというのがホワイトニングの基本的な考え方です。




ホワイトニングに用いられる手法

実際に色づいてしまった歯を白くするためにホワイトニングで用いられるのは一種の漂白剤であり、それによって色素をはがしたり分解したりすることによって白い歯にするというアプローチになります。色素を除去するということであることから、生まれつき歯に少し色がついている人の場合にはそれ以上に白くすることはできないものの、ホワイトニングを続けていけば本来あるべき歯の白さを取り戻すことができるという点で優れている手法です。 ホワイトニングの方法としては歯医者に通って行うオフィスホワイトニングと自宅でできるホームホワイトニングが主に利用されています。一回でも大きな効果が見られるオフィスホワイトニングは人気があるものの、費用面ではホームホワイトニングが優れており、実際に実施する際にはクリニックごとに少しずつ異なる違いを説明してもらいながらより自分に合った方法で実施してもらうことになります。経過観察をしながら好みの白さで止められるのもホワイトニングの特徴です。